2009年06月29日

楽しい一日!

昨日の事ですが、国籍不明の謎の東洋人象遣いさんに梅田のカラオケBOXで遊んでもらいました。

一か月ほど前にお誘いいただいてメールでやり取りしてましたが、無事に当日を迎えました。
急遽参加できなくなった方もおられたらしく結局2人で遊びましたが、色々教えていただいてとても楽しく有意義な一日でした。

2時前に待ち合わせして2時間ほどの予定でしたが「飲み放題フリープラン」のコースで部屋に入り、色々話しながら(というか教えてもらいながら)パラパラ吹いて・・・という感じ。
自分は時計持ってなかったので特に時間気にしてませんでしたが、店員さんが「あと10分で・・・」と言ってきた時は2時間どころか5時間経った夜7時でしたΣw(゚д゚* )w

レッスンの先生の前以外で吹いた事ないのでもっと緊張するかな、と思いましたがブログやメールを通じて色々お話してたので初対面という感じはなく、とてもリラックスできました。

象遣いさんからは事前に数曲提案いただいており譜面も買いましたが、なかなか練習できず「やばいです・・・」とメールを送ると「Watermelon Manだけでもやりましょ~」と返信いただいたので少し練習しました。

CIMG5018.jpg 当日持って行った本。
 右のJamey vol.54って本を教えていただきamazonで購
 入しました。





CIMG5028.jpg ↑のJameyの中の「Watermelon Man」の譜面。
 最初のテーマだけは音符が書いてますが、その後はアドリブコード
 だけが書いていて「ご自由に・・・」って感じです。 
 ただ、丁寧なのは楽譜の下の方に各小節で使えるコードスケールが
 書いてるので使える音は見たらわかるようになってるんです。

 伴奏CDも付いてますが一曲あたり長くて(テーマは16小節だけ)
 アドリブいっぱい吹きなさい!って感じの編成です。

最初はスケール書いてるからなんとかなるかなぁ~なんて虫の良い事考えてましたが、結局なんにも進まないまま当日を迎えるハメになってしまい、象遣いさんに申し訳なく思っております。
何の応用もきかないダメなやつでスミマセンでした・・・(TiiT)

録音機持っていってましたが録音ボタン押すのを忘れまして、音源は象遣いさんのブログにアップされてますのでお時間あれば聴いてみてください。

繰り返しですが何の応用も出来ないので、テーマは楽譜そのまま吹いてます。色々アレンジ下さってるのはもちろん象遣いさん。
アドリブのところは最初自分が吹いてて、後半象遣いさんが吹いておられます。

アドリブなどと偉そうに書いてますが、YAMAHAのレッスン受けておられる方はもうお気付きですよね。
はい、YAMAHAの譜面そのままです・・・(*TДT)

吹ける所だけ勝手に吹いて、後の長~いパートは全て象遣いさんに丸投げしてます。
途中で「おーちゃん、どうぞ!」と目くばせ頂いたりもしましたが、持ちネタを吹き切った後はなす術が無いため、速攻で「ムリです!」と首を横に振るのが精いっぱい。仕方なく象遣いさんがエンディングまで吹いて下さってます^^;

テーマの部分でさえ音はひっくり返るわ間違うわでヘボっぷり全開ですが、自分の実力はこんなもんです。

どうやらブロクで色々曲をアップしてますが、何度も録音して写真でいうところの“自分なりのベストショット!”みたいな音源ばっかり載せてるため、お聞き下さってる方からは実力以上の評価をいただいてしまってるようです^^;

少なくとも象遣いさんにはご理解いただけたかなぁ~って思います。

また、昨日話してて気づいたんですが楽器買って丁度1年でした^^
良い記念になりました。(生デュコフも初めて見たし、音も聴けました!)

さて、今日から2年生。。。

この一年はSQUAREを中心とした耳コピでのテーマ演奏ばかりしてましたが、楽器を始めた動機が「SQUAREの曲吹きたい!」でしたので自分なりには満足してました。
楽器にも少~し慣れてきたし(?)、sax始めた事によりブログを通じて色んな方とお知り合いになれたことで楽器の楽しみ方の幅はとても広いんだな、とも感じてます。

象遣いさんからも、MPだけで音を出す練習や倍音の出し方などレッスンでは教えてもらえないような事を色々教えて頂きましたし(音出ませんでした・・・)コードなんかの勉強もしないと楽しみの幅が広がらないなぁ~と改めて痛感!

と、いうことでこれまでとは練習内容を変えて少~しずつ頑張りたいと思います。

7月は仕事でちょっと余裕がないので8月から頑張るべ!

象遣いさん、色々ありがとうございました!
また遊んでくださいね~!
 
 
posted by おーちゃん at 21:56| 石川 ☔| Comment(20) | TrackBack(0) | サックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

T-SQUAREコンサート

最近仕事が忙しく、楽器もブログも放置状態ですが・・・
昨日は仕事サボって(有休とって)T-SQUAREコンサートに行ってきました。

生で観るのは20年ほど前に神戸チキンジョージでのライブ以来なので楽しみにしてました。

ちょうどPM6:30の開場の時間に到着し開演までショップ見てましたが、アルバム「DISCOVERIES」のオリジナルTシャツやらCD・過去のライブDVDなど販売してました。
持ってないDVDも沢山あったので「欲しいなぁ〜」と思って財布を確認してみると、こんな時に限って3千円しか入っておらず、後で駐車場代1200円払うことを考えると残金1800円・・・
何も買えず(TiiT)

7時ちょうどに開演しましたが、まずはアルバム「DISCOVERIES」から新曲を数曲。
その後「アルバム買ってない人は退屈だろうし、T-SQUARE結成31年目でファンの年齢層も高齢化が進んでおり、それぞれの時代での思い出の曲があるでしょうから」との伊東さんのMCの後“ライブならでは懐かしの曲メドレー”を数曲、その後また新曲に戻りアンコール3回という内容でした。
(まだ7月に東京公演があるので詳しい曲名は割愛します)

確かに会場を見渡すと結構年齢層は高かったですね。平均年齢は40歳台くらいかな〜って感じでした。
もちろんもっと若い人も多かったですし、もっと年配の方も多かったですね。
自分のように一人で観に来られてる方も結構いました。

このファンの高齢化に関しては伊東さんもMCで
・隙あらばすぐイスに座ろうとする
・手拍子が遅れてくる
・ジャンプが飛べなくなる(定番の曲で観客がジャンプするのがあるんです)
と分析していて場内爆笑でした。

ただ、ドラムの坂東君は20台、ピアノの河野さんは30台で若いメンバー編成になり、若い感性も取り入れてるので今後はもっと幅広い年齢層の人に曲を楽しんで欲しい。そのためにもまだまだ頑張る!と言われてました。
まだまだ頑張ってほしいと思います。

伊東さんも安藤さんも50台半ばになりましたが、まだまだ若くみえました。
伊東さんも一時は少し太ってましたが、自転車始めたからか体も絞れており格好良かったですね。
やっぱり背が高いので存在感があります。(saxが小さく見える)

最高のライブでした。
昔に比べてライブの回数は減りましたが、また機会があれば行きたいと思います。

伊東さんの生sax聴いて改めて凄さを感じました。
本来ならここでモチベーション上がるとこなんですが、仕事上7月に大事な試験が2つもあり、気の重い日々を過ごしていて練習どころではないので一段落したらまた練習頑張ります。。。
   
posted by おーちゃん at 08:38| 石川 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

勝手に解禁・・・

今日本屋さんで「SAX&BRASS magazine」立ち読みしてるとこんな記事があったのであわてて購入しました。

CIMG5013.JPG

先月発売になったSQUAREのニューアルバム「DISCOVERIES」に収録されてる最後の曲
“Smile Smile Smile”の伊東さん解説付きスコア。

この曲は伊東さんが書き下ろした後、河野さんと坂東君で仕上げた曲だそうです。
確かに若い世代の雰囲気がする曲調で、最初に聞いた時はSQUAREの曲というよりカオリンの曲?って感じがしました。

アルバムにはsaxメインの曲は5曲収録されており、練習出来そうかなぁ〜って思ったのはその内4曲ありましたが、その中で一番テンポ的に速いのがこの曲。

スコアを載せてくれるという事は「どうぞ練習してください」と伊東さんがおっしゃって下さってるという事なので、お言葉に甘えて練習してみました。(当然ですがテーマだけ)

新譜なのに太っ腹ですね。

伊東さんのアドバイスとしては、テーマの部分は変に歌おうとぜす、失速しないようにスピード感を大切に勢いで吹いちゃえ!って書いてます。

とりあえず勢いだけで吹いてみました。(歌おうにも歌えない・・・)


マイナスワンかけると変になったので原曲をバックに吹いてます。

譜面もありましたが、譜面読む前に耳コピ出来ちゃいました^^

本田さんと違いSQUAREの曲は素直な曲調が多く、コピーしやすいのがいいですね。。。

原曲は軽やかでキレのある演奏ですが、なかなか難しく聴き返すとなんかベタ~っとした眠たい演奏・・・いつもの事ですが・・・(=_=)

これまでリードケースに入れていたローテーション用の5枚のリードが全部ヘタリきってしまったので、今日は総入替えにて全て新しいリードにしました。

まだ少〜し硬く感じて音が出にくい状態です。。。
       
    
posted by おーちゃん at 23:58| 石川 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | サックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

かわらぬ音・・・

先日練習した“かわらぬ想い”を購入したメイヤー5MMで吹いてみました。
仕事で帰りが遅くなったので、2回吹いたうちでマシな方ですが・・・


自分が思ってたほどMP換える事による音の変化って無いような気がしました。。。(´兪)
(前回メタルで吹いたのは5/27の日記にあります)

リガチャーはメイヤー付属はチャチで締まりが悪かったので、楽器に付属してたヤナギサワラバーのリガチャーを使ってます。

リードもいつもと同じマーカジャズ2半。
これまでヤナメタルで吹いてた時には硬すぎて除外してた物ですが、やはりオープニングが狭くなった分硬めの方が鳴りやすいですね。

音に関してあえて違いがあるとすれば、メタルの方が音が大きくてラバーは少し角が取れたような音って感じでしょうか・・・
でも、音そのものは自分の感覚では「同じ」に聴こえちゃいます^^;

ジャズの定番っていう事なんで、普通に吹いても少しジャズっぽい音になるのかなぁ~なんて虫の良い事考えてましたが、結局は吹き方が未熟なんでしょうね。

ただ、前回と同じ条件で録音したので、いつものe-saxでの録音ですから素の音で比較しないと何とも言えませんけどね^^

ちょうど明日レッスンがあるので、先生に聴き比べしてもらおう。。。

        
posted by おーちゃん at 23:08| 石川 ☔| Comment(13) | TrackBack(0) | サックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

頭と楽器の連動???

画像 0011.jpg 本田さん徹底解析。
 何度となく見て勉強してますが、技術的なことは気長に
 練習するとして、一番習得したいなぁ~って思ってる事は
 「頭と楽器の連動」についてです。
 頭に浮かんだフレーズを口ずさむように楽器で表現する
 ・・・らしい。

解説でも「浮かんだフレーズがすぐ音に出来ないのは、頭と楽器の連動が出来ていないから・・・(中略)これは練習によって習得することが出来ます」ってサラっと言ってくれてます。

「言うは易し、やるは私」 ┐(-_- )┌

これまでは主に曲のテーマを練習してましたが、練習順序としては
@耳コピで音を拾う
A運指を覚える
Bひたすら練習する
これを繰り返していたので、曲自体を運指の形で覚えてしまっており「吹いてる音が何の音か?」という事はあまり考えてなかったような気がします。
なので運指を忘れてしまうと吹けなくなっちゃうんですね^^;

この「頭と楽器の連動」について寝ながら色々考えてみました、お陰で寝不足(x_x;)

よく絶対音感とか相対音感とかって聞きますが、少なくともカラオケで普通に歌える人は相対音感はあるって事で理解してます(違うかな。。。)
自分も歌声は悪いものの音程はあってると思いますし、口笛を良く吹きますが音程はほぼ間違いなく吹けていると思います。
ただ、音は合ってるけど「何の音か?(ドなのかミなのか半音か)」は解ってないです。
という事は原曲の音のイメージを頭が理解していて、その記憶で吹いてるのかな?

いや・・・違う・・・

カラオケなんかでキーが合わない時にキーを上げ下げしますが、その後も一応歌える・・・という事は無意識のうちに「前の音から何度違う音」っていうのを瞬時に判断して歌ってるのかな?
だとしたら頭では歌えるわ移調も出来てるわって事になるよな…やるじゃん!オレヾ(´∇`)ノ゙

な~んて事を考えてたら寝れなくなってしまいました(=_=)

頭と楽器を連動できたら、出だしの音さえ解れば(絶対音感はないので)少なくともメロディーを知ってる曲なら吹く事が出来るはずで楽譜も要らないですよね。

プロはライブとかであれだけの曲数ミスなく演奏できるって事は、やはり頭の中で歌った通りに楽器で演奏してるんでしょうね。あれをアドリブパートを含めて運指の形で暗記してるんだとしたら、ドラえもんに暗記パン何枚もらっても足りないと思います^^

なかなか難しい課題ですが、音が何百何千種類もあるんだったら気持もめげますが、たかだか音の種類は高低除くと12こだけ。

12こだけ・・・って考えるとそうそう気が遠くなる話でもなさそうな・・・でも難しそうな・・・
是非習得したい能力です。

なぜこんなことを考えたかというと、どうにもこうにも音楽理論(難しいのじゃなくて初心者用のスケールやコードを書いてるだけの本)はとっつきにくく、読んでもさっぱりなので「頭と楽器の連動」が出来たらアドリブなんかもイメージさえ浮かべば理論無視で吹けるんじゃないかなぁ~などという安易な発想でした(゚∀。)
(というか吹いた結果が理論通りになってる、はず)

そんなに甘くないですね。

さて、何から始めるべきか・・・

いや、今日は寝よう。。。o *。(_ _ )。.o*0     

posted by おーちゃん at 23:18| 石川 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | サックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

ポチッポチッと

連休以来久々に神戸に帰省。
新型インフルへの気遣いはもう良いかとの自己判断^^;
神戸ではもう誰もマスクしてないようですね。。。


昨日はレッスン日でした。(20回目くらい?)

PMSのレッスン4で音階とエクササイズをやった後、ペーパームーンの仕上げということで、先生と一緒に吹きましたが主に次の2点を指摘されました。

・息の入れ方が一定でなく、音ごとに入れようとしているので、常に一定の息を心がけること。
・音処理が終わってない段階でアンブシュアが緩んでしまってるので音の終りが乱れてる。

口笛吹く癖と我流で曲を練習してた影響で少し悪い癖がついてるみたいです(>_<)

息の量を一定にというのは良く聞きますが、プロの演奏見てても、音の強弱やニュアンスつける時は息の入れ方にも変化つけてるように見えるんですけどね・・・イマイチ理解できず^^;

その後は息を一定に入れる意識で吹きましたが、案の定棒吹きに磨きがかかった状態(TДT)
一定の息で音をコントロール出来るように練習し直そうと思いました、難しいですね。

次の曲はウォーターメロンマンという事で、最初のフレーズだけ練習してレッスン終了。

本来は30分のレッスンですが、自分の後に生徒がいないので、いつも1時間ちょっとレッスンしてもらってます。

先生はこれまでセルマーのMP(80なんとか?)を使用してましたが、最近初めてメタル(オットーリンク)を購入され、自分のレッスンの時だけメタルで吹かれてます(多分自分がメタルなので合わせてくれてるんだと・・・)。
さすが先生、、、セルマーではクラシカルなきれいな音でしたが、メタルでは野太い格好良い音出されてます。
金色と銀色・・・色でも負けてますね(´ε`)

あ、MPと言えば・・・

IMG_6762.JPG メイヤー5MM、通販でポチッとしちゃいました。
 でも付属のリガチャーはなんだか安っぽくて、
 しっかり固定できなかったので、楽器付属の
 ヤナラバーに付いていたリガチャーと組み合
 わせてみるとジャストフィット。
 ポチッとした後で結構個体差があるっていうの
 を知りましたが、時すでに遅し・・・

吹いてみたところ、最初は5MMだからか息が入りにくく感じましたが、まあ音は出ました。
当たりかハズレかに関しては判断基準すらわかりません・・・('△')

あともう一つポチッとしました。

IMG_6773.JPG ネックに取り付けできるチューナー。
 いつもファの#でチューニングしますが、
 中音のレ・レ#や高音ではピッチがずれてる
 様な気がしており、音階吹きながらブレ幅を
 確認できるかなぁ〜って思い購入。

 2400円でした。


少し散財しちゃいましたが、今の段階ではサックスに関する小物はこれ以上必要ないかな。
メタルはヤナギ、ラバーはメイヤー・・・いずれも超オーソドックスですが、この2本でそれぞれの良さを引き出せるように修行していきたいと思います。

週末は久々に家族とゆっくり遊んで、また来週から練習がんばろう。。。
    
posted by おーちゃん at 23:58| 石川 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | サックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。