2009年06月12日

勝手に解禁・・・

今日本屋さんで「SAX&BRASS magazine」立ち読みしてるとこんな記事があったのであわてて購入しました。

CIMG5013.JPG

先月発売になったSQUAREのニューアルバム「DISCOVERIES」に収録されてる最後の曲
“Smile Smile Smile”の伊東さん解説付きスコア。

この曲は伊東さんが書き下ろした後、河野さんと坂東君で仕上げた曲だそうです。
確かに若い世代の雰囲気がする曲調で、最初に聞いた時はSQUAREの曲というよりカオリンの曲?って感じがしました。

アルバムにはsaxメインの曲は5曲収録されており、練習出来そうかなぁ〜って思ったのはその内4曲ありましたが、その中で一番テンポ的に速いのがこの曲。

スコアを載せてくれるという事は「どうぞ練習してください」と伊東さんがおっしゃって下さってるという事なので、お言葉に甘えて練習してみました。(当然ですがテーマだけ)

新譜なのに太っ腹ですね。

伊東さんのアドバイスとしては、テーマの部分は変に歌おうとぜす、失速しないようにスピード感を大切に勢いで吹いちゃえ!って書いてます。

とりあえず勢いだけで吹いてみました。(歌おうにも歌えない・・・)


マイナスワンかけると変になったので原曲をバックに吹いてます。

譜面もありましたが、譜面読む前に耳コピ出来ちゃいました^^

本田さんと違いSQUAREの曲は素直な曲調が多く、コピーしやすいのがいいですね。。。

原曲は軽やかでキレのある演奏ですが、なかなか難しく聴き返すとなんかベタ~っとした眠たい演奏・・・いつもの事ですが・・・(=_=)

これまでリードケースに入れていたローテーション用の5枚のリードが全部ヘタリきってしまったので、今日は総入替えにて全て新しいリードにしました。

まだ少〜し硬く感じて音が出にくい状態です。。。
       
    
posted by おーちゃん at 23:58| 石川 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | サックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごい!すごい!すごい!すごいぞ〜〜〜〜〜〜!
ちょっと興奮しちゃった^^;;
おーちゃんさん、やるじゃないですか〜〜〜
指もバリバリ回ってるよーー^^
こういう曲って勢い大事ですからね^^
くぅーーーー、また私の闘志に火をつけたわねーーー^^;
確かにカオリンぽい雰囲気もあるけど、
やっぱスクエアの音だよね^^

私も買ってこなきゃ。
私もいつかこの曲アップしてもいいかしら?

Posted by akochan at 2009年06月13日 22:45
akochanさん
ありがとう〜 うれしいぞぉ〜(ノ^-^)ノ
ちょっとテンポ速いかなぁ〜って思いましたが、運指の確認したらこれまでの練習曲で馴れ親しんだ指遣いだったので意外と簡単に感じとれ、なんとかついて行けました^^
同じスピードでも音階によっては歯が立たないんでしょうね^^;
吹いてる時はe-saxかかえて座って吹いてますが、上半身だけノリノリになってましたよ。

>私もいつかこの曲アップしてもいいかしら?

そのために紹介してます^^
曲調や曲の雰囲気から、あこちゃんのツボにはまるかなぁ〜なんて勝手に考えてました(^o^)v

体調戻ってキラキラ片付けてCD買ったら是非練習してみてくださいね〜。
Posted by おーちゃん at 2009年06月14日 00:22
この雑誌買ったんですね!
では、"最強プレイヤーズコンテスト2009"はご存知ですな!
では、秋に横浜で会いましょう!

とりあえずは、課題曲の"I Got Rhythm"を大阪で時間があったら聴かせておくれではないか?!
アドリブはアドリブやで〜!

Posted by 国籍不明の謎の東洋人象遣い at 2009年06月14日 03:02
毎度のことながら すごい、すごい^^
すぐに 耳コピできるのは 特別能力ですね^^
いつも 思うけど すぐに 吹けるとは なんとも うらやましい^^
Posted by あきはーど at 2009年06月14日 17:13
象遣いさん
雑誌買われてたんですね。
はじめ何の事か解りませんでしたが、コンテストの記事読みました^^
その後、付属CD聴いてみましたが・・・お口アングリでしたよ・・・(゚□゚)
吹ける訳ないじゃないですか!
でも締め切りは8月末ですね・・・ってムリ〜!
応募者が6名だったら商品もらえそうですけどね^^
少なくとも今度の大阪では無理っしょ^^;
Posted by おーちゃん at 2009年06月14日 19:32
あきはーどさん
ありがとうございます^^
耳コピは特別能力なんかじゃないと思いますよ!馴れるとそんなに難しくないです。
あきはーどさんも譜面を見ずに曲を聴きながら楽器で音を探してみてください。
キャリアがあるので近い音は見つけられると思います。
この曲は練習したのは金曜日ですが、CDは聴いてたので、曲自体は頭にバッチリ入ってました。
いくらなんでも初めて聴いた曲をすぐ耳コピなんて出来ませんよ^^;
Posted by おーちゃん at 2009年06月14日 19:44
おはようございます〜♪
朝聴くと、爽やかなポップな感じの演奏で楽しくなる曲ですね。
指回しも結構速いところがあり、うまくリズムに乗って吹かれているなぁと感心します。

すぐに耳コピは無理とおっしゃていますが、覚えて吹かれるまでの期間が相当短く、皆さん仰っているように羨ましい限りです。

例の雑誌の"I Got Rhythm"はジャズを全くやっていないと、最初から退いてしまいますよね…ただ、課題は短い時間ですので覚えてみてもいいかも(アドリブ部分が手こずりそうですが)。
Posted by 雨月 at 2009年06月15日 08:04
雨月さん
こんばんわ〜^^
確かに爽やかな曲でした、吹いてる時はノリノリでしたよ。
吹くまでの時間はですね、、、今回の場合は聴きまくってる曲なので車の中で口笛は完璧に吹けるようになっていてそれが土台にあります。いざ練習に取り組んでからは耳コピと運指の確認で1時間ほど、通しで吹けるように練習するのが1時間ほど、録音に30分ほどって感じです。途中で色々他の事したり一服したりしますが正味2時間くらいは集中して練習してますよ。
多分自分は妥協するのが早いんだと思います^^;
雨月さんや他の上手な方は細かいニュアンスまでそっくりコピーされてますが、自分はそんな事出来ないので、とりあえずリズム通りに吹けた段階で「はい、これ以上ムリ!」ってさっさとやめちゃいますから(ノ-.-)ノ
で、とっとと次の曲に取り組んじゃうんですよね。
成長しないパターンを歩んでます。。。┐(´.`)┌
根が飽きっぽいんですね。

"I Got Rhythm"はテーマだけならいけそうですが、アドリブ吹くにはあと3年くらいかかりそうです(-"-;)
Posted by おーちゃん at 2009年06月15日 23:06
こんばんは〜
実はすでに聴いていたんですけど、感想が遅くなっちゃいましたね〜。いやはや僕が1年目の時はこんなしっかり吹けなかったですよ、ホント。

僕読むと置いていかれてる自分が怖くて最近多い管楽器系の雑誌はほとんど見ることがなかったんです。でも今日思い切ってSAX&BRASSを立ち読みしてみました(明日買います・・・笑)!
なるほどー皆さんが読むわけですね。
で、見つけました、コンテスト。
どうですか?
ここに来られる皆さん全員とりあえず応募してみるというのは?
Posted by マン at 2009年06月16日 01:04
マンさん
おはようございます〜
マンさんも読まれちゃいましたか^^
マンさんなら十分応募できますよね!
一応記事読んでみましたが、アドリブはそのままコピーしても(これはあと10年くらいかかりそう・・・)、オリジナルでも良いって書いてるので、確かにゆっくりテンポのアドリブを作れば吹けない事はないんでしょうが、そのアドリブもやはりコード進行や色んな法則(?)に沿ってやらないといけないみたいな事が書いてたので「う〜ん、無理!」って思いました。裏拍の「ドゥ・ダ」も吹けないんですよね。
でもマンさんのコメ見て、はなから諦めてたら前に進まないので、丁度勉強の良い機会としてコード進行に沿ったオリジナルスローテンポの書き譜で参加してみようか、と朝から心が揺らいできました^^;(参加する事に意義がある!)
皆さんで挑戦しますかぁ〜о(≧∇≦)〇
http://www.rittor-music.co.jp/spc2009/sbm/(←これ)

"最弱プレイヤーズコンテスト2009"なら入賞する自信あります^^;
Posted by おーちゃん at 2009年06月16日 06:57
吹いたもん勝ちです(^^)
Posted by マン at 2009年06月16日 13:44
吹けないもん負けですね・・・(/TДT)/
Posted by おーちゃん at 2009年06月16日 20:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121381879
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。